羽生結弦が決意表明!引退か現役続行か?

スポンサーリンク
スポーツ

みなさん、こんにちは!

 

フィギュアスケート選手で冬季オリンピック連覇の羽生結弦さんが7月19日午後5時に都内ホテルで記者会見を開くというビッグニュースが飛び込んできました。

この会見は羽生さんの「決意表明」の場として開催されるとマネジメント会社であるANAから発表されています。

 

決意表明って、只事ではないのは確かだな

 

なんかドキドキしちゃう!

関係者の話では、羽生さんは北京オリンピック以降、自身の進退について公の場で報告する準備を進めており今回の会見に至ったようです。

いろいろ考えを重ねた末での会見ですから、揺るぐことのない確固とした羽生さんの決意を聞くことができそうです。

それにしても「決意表明」の内容が気になるところです。

そこで今回は羽生さんの過去と現在を振り返りながら、いったい「決意表明」とはどんな内容なのかいろんな角度から推測してみました。

 

スポンサーリンク

羽生結弦さんのプロフィールと輝かしい成績

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yuzuru Hanyu 羽生結弦(@yuzu_yuzuru)がシェアした投稿

プロフィール

羽生結弦(はにゅう ゆずる)

生年月日 1994年12月7日(27歳)

出生地 宮城県仙台市泉区
身長 172 cm
体重 57 kg
血液型 B
趣味 音楽鑑賞
出身大学 早稲田大学
受賞 国民栄誉賞 紫綬褒章他多数

主な成績

2014年ソチオリンピック 金メダル
2018年平昌オリンピック 金メダル(66年ぶりの2連覇)

世界選手権 優勝2回

グランプリファイナル4連覇

 

振り返ってみると誰もが称賛する凄い成績だな

国民栄誉賞も納得ね

スポンサーリンク

気になる決意表明の内容とは

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yuzuru Hanyu 羽生結弦(@yuzu_yuzuru)がシェアした投稿

競技選手引退

ファンとしては考えたくないでしょうが、今回「決意表明」と謳った会見を開くことから重大発表であることは間違いありません。

前回のオリンピック以降、今後の進退ついて具体的な明言を避けてきたことからも「競技選手引退」という可能性は否定できないでしょう。

羽生さんも現在27才、選手寿命の短いフィギュア選手の中では選手年齢の高いアスリートであることは間違いありません。

 

フィギュア選手ってそんなに引退が早いの?

まだ27才じゃん!

そうね、男子フィギュア選手のピークは24才と言われているわ。
ほとんどの選手が大学を卒業するくらいの年齢(22才)で引退しちゃうみたい。

フィギュアスケートは身体能力の高さや表現力の豊かさ、そしてハードな練習に耐えることのできる強い精神力が必要とされる非常に難易度の高いスポーツです。それ故に選手寿命も他のスポーツに比べて極端に短いのです。

 

ここ最近は体の故障とも闘いながら競技を続けてきた羽生さんですから、身体的な能力の限界を理由に引退も十分考えられるのではないでしょうか?

 

引退後は、アイスショーに転向か?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yuzuru Hanyu 羽生結弦(@yuzu_yuzuru)がシェアした投稿

引退という方向で推測するならば、引退する多くの選手と同じようにに羽生さんもアイスショーに出演していくことになるでしょう。

北京五輪期間中の会見において羽生さんは

 

「羽生結弦のスケートを究めていきたい」

「(競技かアイスショーか)フィールドは問わない」

 

という発言を残しています。このことからスケートとの関わりを今後も続けていくことは間違いないでしょう。

身体能力の衰えと反比例するかように表現力はどんどん磨かれていくフィギュアの世界ですから、表現力が問われるアイスショーへの転向は、高い表現力をもって観客を魅了することのできる羽生さんにはむしろ向いているはずです。

条件付きで現役続行か?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yuzuru Hanyu 羽生結弦(@yuzu_yuzuru)がシェアした投稿

羽生さんの年齢や3連覇を逃した北京オリンピックの結果を踏まえると、引退の可能性も強いと考えられますが、今回の会見は「決意表明」と敢えて付け加えているあたり、それを前向きな姿勢と受け取ることもできます。

 

一流のアスリートは一流が故に去り際も難しいものです。

 

野球選手のイチローさんの時も、球団が用意した東京ドームでの試合を事実上、イチローの引退試合として開催するなど特別な配慮がありました。

もし仮に羽生さんが北京オリンピックで3連覇を成し遂げていたなら、最高のタイミングで引退できたに違いありません。

フリーで挑戦した前人未到の4回転半は転倒こそしましたが、国際スケート連盟(ISU)公認大会で史上初の4A認定を受けましたし、その姿は多くの観客に感動を与えました。

しかし、羽生さん本人も世界中のファンも決して納得できる終わり方ではありませんでした。

なによりもファンを大切にする羽生さんは、今回の会見で自分自身と応援してくれるファンが納得できる「アスリート羽生結弦の最後」について言及するのではないでしょうか?

具体的には、「○○大会で優勝できなかったら引退する」とか「○○大会で4回転半にもう一度挑戦し、失敗したら引退」など、条件付きで現役を続行する決意を表明するのかもしれません。

 

まぁどっちに転んでも羽生選手の競技引退はそんなに遠くない感じがしちゃうな

 

私はどうなっても羽生くんを応援し続けるわ!

 

今回のまとめ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yuzuru Hanyu 羽生結弦(@yuzu_yuzuru)がシェアした投稿

今回は7月19日に行われる羽生結弦選手の緊急記者会見についての内容を推測してみました。

引退にしろ現役続行にしろ、世界中のファンは羽生選手を応援し続けるでしょうし、なによりも本人が納得できる選択をしてアスリートとしての人生を悔いなく生きてほしいですよね。

会見までドキドキしながら待ちましょう!

タイトルとURLをコピーしました